Vol.3 パジャマをやめた!?4人育児の家事合理化大作戦

★登場人物

家族のプロフィール



こんにちは!MOTOKOです。
前回の「4人育児って実際どーなの?わが家の家事ヒストリー」という記事で、

「手伝ってもらうのはもちろん、いらない家事を思い切って止めたり、色々工夫もしました。

と書いたので、今回は私が実際にやった施策の数々をご紹介しようと思います。
パジャマいらなくない?

「大きくなっても(パジャマの)習慣がつかなくなるのでは?」「寝ている間に汗をかくから着替えた方がよいのでは?」など、様々ご意見があるとは思いますが、

あくまで、私のイライラ軽減の為の合理化なので、そのあたり温かくスルーして頂けると(*´ω`*)

やめた系
・バスタオルやめた
・パジャマやめた
・大量のおもちゃやめた
・大量の服やめた
・上履き毎週洗うのやめた
(汚れが目立たない、洗いやすい素材に変更)
工夫系
・タオルは用途で色・柄を揃え、
 子どもが片付ける時、判別つきやすいように
・(洗濯乾燥機買う前まで)服はハンガー収納。干して、そのままクローゼットへ
・お皿を替えた(四角く仕切りのついたやつ)
・グラスも、収納のため同じ種類を買い続ける
・収納場所工夫(マグネットフックを駆使)
テクノロジー系
・洗濯乾燥機を使用して、「干す」をやめた(本体約14万円。高かったけど、毎日洗濯して、10年使って1日38円で「干す」をやってくれるなら…! 乾燥機電気代も1回約25円。)
・食洗機
・お掃除ロボットルンバ
・ホットクック(電気自動調理器)
・家計は基本カードとアプリで管理(支出を把握)
・学校プリントはスマホで管理
・買物リストはAIスピーカー

ざっと挙げるとこんな感じで。「なになに、これって具体的にどうやるの?」など気になるものがありましたら、ツイッターのDMやメールなどで質問してください(インスタDMは見落としがちですm(_ _)m)

本当は「怒らない」を手にいれたい。でも

私は、ただでさえ怒りっぽい性格で育児には向いてないのですが、それでも子どもが欲しかったし、いつも笑ってるママでいたい。

ここに挙げたのは、どれも対処療法的なものばかりです。本当は「怒らない」を手にいれたい。でも、毎日の育児は待ったなしで、自分が何に怒ってるのかさえ見失うこともしばしばです。

こんな対処療法でも、怒るポイントを減らせるとともに、時間の余裕も生まれます。そこで、子どもと思いっきり遊んであげるもよし、自分の為に時間を使うもよし(私はこっちばかり笑)。

個人的には、たくさんのお母さんが自分の好きなことも諦めないで、生き生き輝いていてほしいし、そんな前向きなお母さん達と繋がりたいなーと思います。愚痴が言い合える場もほしい。

しかしこれだけ工夫しても、毎日夕飯時にはぐったり疲れて遠い目になってることもしばしば。

全国のママ達、今日も一緒にがんばりましょう〜〜!!
ルンバ

著者プロフィール
著者アイコンMOTOKO
1979年生まれ。埼玉県出身。読書と家が好き。「疲れた」が口癖でよく家事をサボる。22才でママになり、試行錯誤しながら「育児」とつきあい早15年。型にはまらない暮らしを模索し、30代半ばで住み慣れた関東を離れ家族で地方移住。4人目長女の出産を機に2018年からインスタで漫画を描きはじめる。ブログでは漫画や日々のあれこれを掲載

http://www.kame6.com/ Instagram @motok68
他の記事を見る

ピックアップ記事

関連記事一覧